クウェート投資庁、欧州系銀行への投資に関心-ノーザンの要請はない

クウェート投資庁(KIA)は24日、欧 州の金融機関へ投資する可能性があることを明らかにした。住宅ローン関連証 券で損失を被ったため、巻き返しを図る。KIAの運用資産は2500億ドルと みられている。

KIAのマネジングディレクター、バデル・ムハマド・サード氏は24日、 スイスのダボスで開催中の世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会 議)で記者団に対し、投資分散化の手段の1つとして、「投資要請を受ければ、 関心を寄せる」と語った。

さらに、そのような投資は「まだ行っていない」と述べ、英中堅銀行ノー ザン・ロックへの出資要請を打診されていないことも明らかにした。

KIAは15日、シティグループに30億ドル、メリルリンチに20億ドル 投資したことを発表した。住宅ローン関連証券での評価損増加を受け、米金融 機関は資本強化に動いている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE