NY金:大幅反発、900ドル台回復-ドル安で買い、プラチナは最高値

ニューヨーク金先物相場は大幅反発。1週 間ぶりに1オンス=900ドル台を回復した。ドルが対ユーロで下落し、代替投 資としての貴金属の魅力が高まった。プラチナ先物相場は過去最高値を記録し た。

欧州中央銀行(ECB)の政策決定者はインフレ抑制から政策金利を維持 することを示唆している。一方、米連邦公開市場委員会(FOMC)は22日に

0.75ポイントの緊急利下げを発表した。金は過去1年に31%上昇。一方、米国 の利下げを受けてドルは対ユーロで9.5%下落している。

ラサール・フューチャーズ・グループ(シカゴ)の金属トレーダー、マシ ュー・ジーマン氏は「上昇の最大の材料であるFOMCの金融緩和継続とEC Bの金利維持は続くだろう。ドルは対ユーロで軟調な地合いを維持するはずで、 遅くとも2週間以内に金は再び最高値を更新するだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物2月限は 前日比22.70ドル(2.6%)高の1オンス=905.80ドル。一時は911.10ドルま で上昇した。過去最高値は15日に付けた916.10ドル。

NYMEXのプラチナ先物4月限は53.90ドル(3.5%)高の1オンス= 1613ドルで終了。一時は1617.90ドルと過去最高値を更新した。これまでの最 高値は14日に付けた1597.40ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE