中国株(終了):CSI300指数、続伸-神華能源などエネルギー株高い

中国株式市場では、CSI300指数が続伸。中 国経済の高成長を背景に需要が拡大するとの観測が広がったことを受け、中国神華 能源などエネルギー関連銘柄が高い。

Citicプルデンシャル・ファンド・マネジメントで6億4000万ドル相当 の資産運用に携わる呂宜振氏(上海在勤)は、「需要好調がエネルギー価格を押し 上げており、エネルギー関連株を押し上げるきっかけとなっている」と述べた。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCSI 300指数は、前日比52.10ポイント(1.1%)高の5027.21。前日は4.7%高だった。 上海証取のA株と外貨建てB株の双方に連動している上海総合指数は0.3%高の

4717.73、深セン証取のA・B両株に連動の深セン総合指数は1.9%高の1427.22 で引けた。

中国最大の炭鉱会社、神華能源(601088 CH)は3.44元(6%)高の60.75元。 河南省中部の鉱山会社、平頂山天安煤業(601666 CH)は2.95元(5.2%)高の

59.82元。山西省北部に拠点を置く山西西山煤電(000983 CH)は0.75元 (1.2%)高の62.15元。

中国国家統計局が24日発表した2007年10-12月(第4四半期)国内総生産 (GDP)伸び率は、前年同期比11.2%となった。4四半期連続で11%を上回っ た。7-9月(第3四半期)は11.5%だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE