米金融保証会社格下げは、サブプライム自動車ローンに打撃も-シティ

米シティグループのアナリスト、メアリ ー・ケイン氏は23日付のリポートで、金融保証会社の格下げが懸念されるな か、アメリクレジットやトライアド・ファイナンシャルなど信用力の低い借り 手を対象とする自動車ローン(サブプライム自動車ローン)会社が「流動性の 問題」に直面する恐れがあるとの見方を示した。

同氏のリポートによると、自動車ローンを裏付けとする債券の約5分の1 は、投資家を募るに当たって、金融保証会社の最高位格付けを頼りにしている。 特に信用力の低い借り手向けのローンについてはその傾向が強い。

しかし、MBIA、アムバック・ファイナンシャル・グループなどの傘下 で自動車ローン担保証券に保証を提供している部門の「AAA」格付けが引き 下げられる可能性が出ており、投資家は保証の質を疑問視し始めた。こうした 市場心理の変化を受け、アメリクレジットやトライアドなどによる事業資金の 調達は困難になりそうだ。

アメリクレジットの広報担当者、エイミー・アレン氏、トライアドの同シ ャーリーン・ルイス氏に、電話でコメントを求めたが返答は得られていない。 シティによると、トライアドの出資者には、ゴールドマン・サックス・グルー プ、プライベートエクイティ(未公開株)投資会社のGTCRゴールダー・ロ ーナーなどが含まれている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE