日経平均は13000円台で堅調推移、アジア株高で不安後退-31業種高い

午後の東京株式相場は、日経平均株価が1 万3000円台で堅調に推移。香港やインドなどアジア地域の株価が総じて上昇し ており、投資家の間で世界的に株式敬遠の動きがひとまず収まりつつある。米 国で金融保証会社(モノライン)の救済計画が浮上したことを受け、金融シス テムの信頼回復につながるとして、三菱UFJフィナンシャル・グループや野 村ホールディングスが買い戻されているほか、米住宅問題のさらなる深刻化を 免れるとの期待から、不動産株を買い戻す動きも継続。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。