アドテスト:通期純利益予想49%減額、半導体メモリー用装置不振(3)

半導体検査装置(テスター)メーカー国内最 大手のアドバンテストは24日、今期(2008年3月期)連結業績予想の下方修正を 発表した。純利益は従来予想比49%減の170億円とした。半導体メモリーの価格 下落や米国経済の減速懸念を受けて半導体メーカーの設備投資意欲が低下し、主力 のメモリー用テスター事業が振るわないため。下方修正は今期に入り2度目。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。