中国10-12月GDP:前年比11.2%増-前期の11.5%増から減速(2)

中国国家統計局が24日発表した2007年10 -12月(第4四半期)国内総生産(GDP)伸び率は、前年同期比11.2%だっ た。4四半期連続で11%を上回ったものの、7-9月(第3四半期)の11.5% からは減速した。

ブルームバーグ・ニュースが実施したエコノミスト調査では、第4四半期成 長率は11.3%(23人の中央値)が予想されていた。

米景気減速が世界に波及するとの懸念から、世界の株式市場では時価総額が 約7兆6000億ドル(約808兆円)減少している。こうした状況から、米国と並 んで世界経済をけん引する中国の融資や消費者物価の抑制努力は難しくなってき ている。

モルガン・スタンレーの中国担当チーフエコノミスト、王慶氏(香港在勤) は、「米国がリセッション(景気後退)に向かっているなか、引き締めの行き過 ぎは世界経済への追い討ちとなりかねない」と指摘。「インフレが主要課題だ」 と分析した。

中国国家統計局は24日、中国の07年の消費者物価は前年比4.8%上昇と、 政府目標の3%を上回ったと発表。格付け会社のフィッチ・レーティングスは同 日、中国の08年平均インフレ率が5%を超えるとの見通しを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE