債券相場は大幅安スタート、株高・米債安で売り先行―20年入札も重し

債券相場は大幅安(利回りは上昇)。東京先 物市場の中心限月3月物は、前日比61銭安の138円10銭で取引を開始した。 前日の米国市場では、米金融保証会社(モノライン)救済案の導入により米景 気減速が限定的にとどまるとの見方が広がり、株高・債券安となった。日経平 均株価も続伸して始まったことから、売りが先行している。この日実施される 20年債入札に向けた持ち高調整売りなども重しとなっているようだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。