インド株(終了):センセックス指数、8日ぶり反発-米緊急利下げ好感

インド株式市場では、センセックス30種株価 指数が8営業日ぶりに反発した。米金融当局が前日、2001年以来となる緊急利下 げを実施したことを受けて、米国がリセッション(景気後退)に陥るとの懸念が和 らいだことが背景。リライアンス・インダストリーズが上げを主導した。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は前日比864.13ポイント (5.2%)高の17594.07と、06年6月15日以降で最大の値上がりとなった。一時 は7.6%高となる場面もあった。ナショナル証券取引所上場の50銘柄で構成する CNXニフティー指数は304.10ポイント(6.2%)高の5203.40。

時価総額でインド最大の企業、リライアンス(RIL IN)は196.8ルピー (8.4%)高の2554.85ルピーで引けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE