米国株時間外:アップルが一時11%安、見通し嫌気-TIは上昇

米株式市場時間外取引では、コンピュータ ー・電子機器大手の米アップルが一時、11%安を付けた。同社が示した2008年 1-3月(第2四半期)見通しがアナリスト予想を下回ったことが嫌気された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。