米国株時間外:アップルが一時11%安、見通し嫌気-TIは上昇

米株式市場時間外取引では、コンピュータ ー・電子機器大手の米アップルが一時、11%安を付けた。同社が示した2008年 1-3月(第2四半期)見通しがアナリスト予想を下回ったことが嫌気された。

アップルの株価はニューヨーク時間午後7時7分(日本時間23日午前9時 7分)現在、17.13ドル安の138.51ドル。同社が明らかにした1-3月期の利 益見通しは1株当たり0.94ドルと、ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナ リスト予想の1.11ドルを下回った。また07年10-12月(第1四半期)の利益 は、アナリスト予想の上限に達しなかった。

携帯電話用半導体メーカー最大手のテキサス・インスツルメンツ(TI)は 1ドル(3.5%)高の29.98ドル。同社は、需要が予想以上に堅調だとして、一 部のアナリスト予想を上回る08年1-3月(第1四半期)利益見通しを示した。

S&P500種株価指数先物(3月限)は2.7ポイント安の1306.6。ナスダッ ク100種先物(同)は18ポイント安の1783。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE