メリルリンチ吉川氏:日銀は09年初に小幅利上げ可能、米追加利下げか

メリルリンチ日本証券の吉川雅幸チーフエコ ノミストは23日、ブルームバーグ・ニュースとのインタビューで、22日に発表 された米連邦公開市場委員会(FOMC)の緊急利下げや、同日開かれた日本銀 行の決定会合での金利据え置き決定などについてコメントした。主な発言内容は 以下の通り。

米緊急利下げについて:

「動いた理由は三つある。一つは住宅価格の調整が予想以上に厳しくなって きているということ。二つ目に、住宅価格はすでにピークアウトしつつあるが、 株価がさらに下がっていけば、住宅価格の逆資産効果と株価下落の二つが重なっ てくる。それが個人消費に与える影響を警戒した。三つ目は、株価の下落そのも のだ」

追加利下げの可能性について:

「昨日の株価の動き、今後の景気の見通しといった点を考えると、来週に予 定されているFOMCでさらに追加される可能性は否定できない状況だ」

日銀決定会合での金利据え置きの決定について:

「日銀は、アメリカの景気減速はほぼ見えてきているが、アジアの景気がア メリカの輸出主導というわけではなく独自のダイナミズムを持っているという判 断を持ちながら、今の市場の動きは短期的なものという位置づけの下で状況を見 ているのだと思う」

「ただ、記者会見の中で、株式市場と市場の見通しについては微妙な段階に 来ていると言っていたので、状況によって判断を修正する含みというのは少し感 じられた」

今後の利上げの可能性について:

「年内に動きはないだろう。もちろん年後半にかけて日本の景気がどう推移 するかによるが、今年前半は厳しい材料が続くと思う。後半に入って原油価格の 上昇がある程度安定していき、米国に関しても悪いなりに政策の効果で景気の悪 化のペースに歯止めが掛かると期待でき、アジアの景気が強ければ、日本の景気 も持ちこたえると思うので、その場合は2009年の初めに小幅の利上げは可能だ と思う」

--共同取材: 鎌田泰幸 Editor:Masaru Aoki,Norihiko Kosaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 曽宮一恵 Kazue Somiya +81-3-3201-8684 ksomiya@bloomberg.net 東京 亀山律子 Ritsuko Kameyama +81-3-3201-7441 rkameyama@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

David Tweed +81-3-3201-2494 dtweed@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE