米クアルコムの10-12月:18%増益-予想引き上げ受け株価上昇(2)

世界2位の携帯電話用半導体メーカー、米ク アルコムが23日発表した2007年10-12月(第1四半期)決算は、前年同期比 18%増益となった。また同社が08年の売上高見通しを上方修正したことを受け、 23日の時間外取引で株価は一時6.5%高となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。