ソロス氏:「ドル建て信用」、60年にわたるブーム終えんへ(2)

米投資家ジョージ・ソロス氏は23日、ス イスのダボスで開催中の世界経済フォーラム(WEF)年次総会で、第2次世 界大戦後から続いてきたドル建て信用のブームが終わりを告げるとの見方を示 した。同氏は米国のリセッション(景気後退)入りは「ほぼ不可避」であると の認識も示した。

同氏は「現在の危機は住宅ブームが破裂しただけではない。60年間にわた る準備通貨としてのドルを利用した信用拡大期の終わりでもある。現在、米国 外ではドル積み増しを敬遠する動きが強まっている」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE