東京外為:円乱高下、米大幅利下げも株安に警戒感残る-107円挟み

東京外国為替市場ではドル・円相場が1ド ル=107円ちょうどを挟んで上下に振れる展開となり、午後の取引では106円台 半ば近辺で推移した。米金融当局が大幅な緊急利下げに踏み切ったことで、景 気の先行き懸念を背景としたリスク投資収縮の動きに歯止めがかかるとの期待 感から円売りが先行。しかし、リスク投資の再開には懐疑的な見方が根強く、 米株の先安警戒感や日本株の伸び悩みを背景に徐々に円の買い戻し圧力が強ま った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。