英HSBC:香港の最優遇貸出金利を6%に引き下げ-米緊急利下げで

時価総額で欧州最大の銀行、英HSBCホ ールディングスは23日、米国の緊急利下げを受け、香港の最優遇貸出金利を75 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)引き下げ6%とした。24日から実 施する。香港の融資需要拡大につながる措置。

引き下げは昨年9月以降5回目。中国銀行(香港)などライバル行も23日 中に追随する可能性がある。

引き下げにより、香港の物価上昇圧力は一段と高まるかもしれない。昨年 12月の消費者物価指数(CPI)は1998年6月以来9年半ぶりの高い伸びだっ た。引き下げは、香港が米景気減速の影響をかわして4年連続のプラス成長を 達成するのに役立つ可能性もある。

ゴールドマン・サックス・グループのエコノミスト、イノック・ファン氏 は(香港在勤)は「対米輸出が低迷するなか、金利低下は香港経済にとってタ イムリーな緩衝材の役割を果たす」と指摘。「しかしその半面、インフレ率も上 昇する」と語った。

香港金融管理局(HKMA、中銀に相当)は23日、政策金利である翌日物 基準貸出金利を5%と、これまでの5.75%から引き下げた。香港株の指標ハン セン指数はこの日、一時7.7%高まで上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE