額賀財務相:日本市場にも良い影響与えること願う-米緊急利下げ(2

額賀福志郎財務相は23日午前の臨時閣議後 会見で、米連邦準備制度理事会(FRB)が22日に政策金利であるフェデラ ルファンド(FF)金利の緊急利下げに踏み切ったことを受け、「米国の金融 市場や世界経済の安定に結びつくことを期待する。日本の市場にも良い影響を 与えることを願う」との見解を示した。

また、日本の金融政策については「政府と日銀はマクロ経済の基本的認識 を共有している。日本経済が持続的に成長するよう金融政策を考えることを期 待したい」と述べた。

円高・株安で混乱している市場への対策については「各国が市場を安定さ せるために協調していくことが大事」としながらも、「金融市場の動向や実体 経済への影響をしっかりと見守ることが今の段階では大事」と述べるにとどめ、 具体策には触れなかった。

一方、世界の市場の混乱を受け、来月9日に東京で開かれるG7での議題 について、額賀財務相は「サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン 問題を中心とする金融問題や原油高、各国の実体経済の動向について議論し、 メッセージを出していきたい」と述べた。

日本経済の現状については「基本的には企業も底堅い動きをしており、経 済のファンダメンタルズ(基礎的諸条件)は強固だ」と強調。その上で、今年 度内に来年度予算案を成立させることが最重要課題との考えを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE