東京外為:円軟調、日本株高でリスク回避が一段と緩和―107円前後

午前の東京外国為替市場では円が下落。ド ル・円相場は一時1ドル=107円38銭と、3営業日ぶりの円安値を付け、その 後は107円ちょうどを挟んでもみ合い。米金融当局が大幅な緊急利下げに踏み 切ったことで、景気の先行き懸念を背景としたリスク投資からの資金引き揚げ 連鎖に歯止めがかかるとの見方から、円キャリートレード(低金利の円で調達 した資金を高金利通貨などに投資する取引)の巻き戻し圧力が緩和している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。