コンテンツにスキップする

米国株(午前):6日続落、業績見通し嫌気しアップルとモトローラ安い

23日午前の米株式相場は6営業日続落と、 2002年4月以来で最長の連続下落。携帯音楽再生プレーヤー「iPod(アイ ポッド)」のアップルと携帯電話メーカーのモトローラが発表した業績見通し が市場予想を下回り、米景気減速に伴い個人消費が損なわれているとの懸念が 強まった。

ナスダック市場で公開されているアップルの株価は約5年ぶりの大幅安。 米国でのiPod販売が前年比でほぼ変わらずだったことが嫌気された。モト ローラは2002年10月以来で最大の下げ。同社は2008年1-3月期業績が減 益になるとの見通しを発表した。原油安を材料に石油のエクソンモービルやシ ェブロンなど、石油株の売りが膨らんだ。

ニューヨーク時間午前9時39分現在、S&P500種株価指数は前日比

29.46ポイント(2.3%)下げて1281.04。ダウ工業株30種平均は221.03ドル (1.9%)安の11750.16ドルとなった。ナスダック総合指数は55.49ポイント (2.4%)低下し2236.78。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE