世界の金融機関のサブプライム関連損失14.2兆円-メリルが最大(表)

世界の大手金融機関20社余りが2007年初 め以来に公表した評価損と貸し倒れ損失(貸倒引当金含む)は、合計で1330億 ドル(約14兆2000億円)に達した。

米国のサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン市場やその他の 住宅業界関連で発生した。数字は会社側の発表と届け出から算出した。

アナリストは、さらに235億ドルの損失を予想している。これを含めた合 計は約1570億ドルとなる。

各社の数字は以下の通り。単位は10億ドル

会社名                   評価損     貸し倒れ損失        合計

Merrill Lynch             24.5                          24.5
Citigroup                 19.6            2.5           22.1
UBS                       14.4                          14.4*
HSBC                       0.9            9.8           10.7
Morgan Stanley             9.4                           9.4
Bank of America            7              0.9            7.9
Washington Mutual          0.3            6.2            6.5**
Credit Agricole            4.9                           4.9*
Wachovia                   2.7            2              4.7
JPMorgan Chase             1.6            1.6            3.2
Canadian Imperial (CIBC)   3.2                           3.2**
Barclays                   2.7                           2.7*
Bear Stearns               2.6                           2.6
Royal Bank of Scotland     2.5                           2.5*
Deutsche Bank              2.3                           2.3
Wells Fargo                0.3            1.4            1.7
Lehman Brothers            1.5                           1.5
Mizuho Financial Group     1.5                           1.5
National City              0.4            1              1.4
Credit Suisse              1                             1
Nomura Holdings            0.9                           0.9
Societe Generale           0.5                           0.5

Japanese banks             0.8            0.4            1.2
(excluding Mizuho, Nomura)

Canadian banks             1.4            0.1            1.5
(excluding CIBC)
                          ____          _____          _____

合計***                   $107           $26           $133

*  07年第4四半期見込み額含む
** 08年第1四半期見込み額含む
***四捨五入前の数字の合計
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE