英商業用不動産のデリバティブ取引高、07年は過去最高の約1.4兆円

英調査会社インベストメント・プロパティ・ データバンク(IPD)によると、英国の商業用不動産のデリバティブ(金融 派生商品)取引高は昨年、過去最高の70億ポンド(約1兆4450億円)と、前 年の2倍近くに達した。

IPDの不動産デリバティブ担当シニアマネジャー、ニック・ナバロ氏に よると、銀行や不動産ファンドが投資のヘッジを進めたり、実際の不動産売買 を伴う必要のない取引でのリターン(投資収益率)拡大を目指したことで、取 引高は前年の35億7000万ポンドから増えた。IPDが算出する指数は英国の デリバティブ契約の値付けに利用される。

ナバロ氏は21日、香港でのインタビューで「デリバティブ市場は飛躍的に 伸びており、08年はさらに拡大することが確実だ」と指摘。「不動産価格の変 動は現時点でかなり急激だ。昨年7月からわずか3カ月で流れが変わった」と 述べた。

IPDの指数に連動するデリバティブ取引では、不動産価格の下落を受け て、英国での商業用不動産投資が今年10%の損失を出す可能性が示唆されてい る。それが現実のものとなった場合、リターンは同社が年間データの集計を開 始した1981年以来で最悪となる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE