台湾株(終了):急落、加権指数は4年ぶり大幅安-TSMCに売り

22日の台湾株式相場は急落。加権指数は ほぼ4年ぶりの大幅安となった。鴻海精密や台湾積体電路製造(TSMC)が 安い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。