台湾株(終了):急落、加権指数は4年ぶり大幅安-TSMCに売り

22日の台湾株式相場は急落。加権指数は ほぼ4年ぶりの大幅安となった。鴻海精密や台湾積体電路製造(TSMC)が 安い。

加権指数は前日比528.24ポイント(6.5%)安の7581.96。台湾証券取引 所上場の670銘柄で上昇したのはわずか6銘柄だけだった。

電子機器の受託生産で世界最大手、鴻海精密(2317 TT)は7%安、半導体 ファウンドリー(受託生産)最大手のTSMC(2330 TT)は6.9%安。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE