米TIの10-12月期:13%増益、携帯電話向けの需要好調-2.7%増収

携帯電話機用半導体の生産で世界最大手の 米テキサス・インスツルメンツ(TI)が22日発表した2007年10-12月(第 4四半期)決算は、前年同期比で13%増益となった。携帯電話の販売拡大が寄 与した。

純利益は7億5600万ドル(1株当たり54セント)と、前年同期の6億6800 万ドル(同45セント)から増加した。売上高は前年同期比2.7%増の35億6000 万ドルだった。同社が示した08年1-3月(第1四半期)の見通しも、一部の アナリスト予想を上回った。

携帯電話の売り上げは米住宅市場低迷による悪影響を緩和しているが、住 宅市況の悪化はそれ以外の製品需要に打撃を与える恐れがある。電気器具やパ ソコン、家電の販売鈍化はTIが生産するアナログ・チップの需要を抑制する 可能性がある。

TIによると、第1四半期は売上高が32億7000万-35億5000万ドル、1 株利益が43-49セントになる見通し。ブルームバーグ・ニュースがまとめたア ナリスト予想平均では売上高34億2000万ドル、1株利益45セントが見込まれ ていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE