ポールソン米財務長官、世界経済と米景気刺激策に対する確信を表明

ポールソン米財務長官は22日、世 界経済の力強さならびに、景気刺激策の策定でブッシュ政権が議会と協 力できると確信していると表明した。

同長官はワシントンの米商業会議所での講演用テキストで、「世界 経済の底力を引き続き確信している」と表明。さらに、米住宅市場は顕 著な調整を経験しており、景気拡大は「ここ数週間、明確に鈍化してい る」と指摘した。

22日の米株式市場では通常取引開始前の時間外取引で、世界経済鈍 化の一段の悪化懸念を背景に、株価指数先物が大幅下落した。

ポールソン長官はリセッション(景気後退)回避に向けた景気刺激 策策定に向け議会との交渉に取り組むため、今週、スイスのダボスで開 かれる世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)への出席を取りやめ た。ブッシュ大統領とポールソン長官は先週、最大1500億ドル(約16 兆円)規模の景気刺激策を早期可決するよう議会に協力を呼びかけた。

同長官は「われわれは超党派による共同作業を進めており、一時的 かつ包括的な景気刺激策が策定できるだろう」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE