欧州債:下落、大幅高から反落-米緊急利下げで質への逃避が逆流

欧州国債相場は下落。ドイツ2年債利回り は一時、2001年以来で最大の低下となったが上昇に転じた。米連邦公開市場委 員会(FOMC)が緊急利下げを実施したことを受け、欧州の株式相場が反発し たことが背景。

FOMCはフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.75ポイント引 き下げて3.5%に設定した。世界の株式市場で年初来、時価総額で7兆3000億 ドル(約779兆円)が失われ、欧州株も一時は軟調に推移、質への逃避から国債 市場に資金が流入していたが、欧州の株式相場が上昇に転じたことで流れが変わ った。

ABNアムロ・ホールディングの金利ストラテジー責任者、ルカ・ジェリネ ク氏(ロンドン在勤)は「短期的に国債相場は株式相場に完全に振り回されるだ ろう」とした上で、「FOMCの措置は突然で、市場には衝撃的だった。株式相 場が値を戻して損失分を取り戻す間、国債市場にとって短期的に悪いニュースな のは明らかだ」と語った。

2年債利回りはロンドン時間午後4時49分までに、前日比5ベーシスポイ ント(bp、1bp=0.01%)上昇し3.4%。一時は26bp低下と、1日の低下 幅としては2001年9月12日以降で最大だった。同国債(2009年12月償還、表 面利回り4%)価格は0.09ポイント下げ101.07。10年債利回りは9bp上げ

3.99%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE