東京外為:円が乱高下、株安止まらず高値更新も-105円狙う動き(2)

東京外国為替市場は円が乱高下。米サブプ ライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題の影響拡大で、世界的な景気 減速懸念が強まる中、世界的な株安の流れに歯止めがかからず、リスク資産圧 縮の動きから朝方は円買いが先行し、対ドルでは約2年8カ月ぶりの高値を更 新した。ただ、急激な円高に対する警戒感もあり、その後は持ち高調整の動き から1円近く値を下げるなど、円は上下に振れる展開となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。