首相:日本経済「民需中心の成長見込まれる」-金融・原油高注視(2)

福田康夫首相は22日午前の参院本会議で、 日本経済は今後、民間需要中心の成長が見込まれるものの、米国経済の下振れ リスクや金融市場の変動、原油高などが日本経済に与える影響を注視する姿勢 を示した。自民党の尾辻秀久参院議員会長の代表質問に対する答弁。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。