金融保証会社ACAキャピタル、デフォルトスワップ解消で時間的猶予

金融保証会社のACAキャピタル・ホール ディングスは、600億ドル(約6兆3500億円)相当のクレジット・デフォルト・ スワップ(CDS)契約を解消するための時間的猶予を得た。同社は米国のサ ブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン関連の損失拡大で契約履行が 困難になり、現在はメリーランド州の保険監督当局の管理下にある

同社の20日の発表によると、同社は担保差し出しと保証金支払い、契約解 除を免除する合意を2月19日まで延長した。取引相手方と協力して「資本基盤 安定に向けた恒久的な解決策」を模索しているという。同社は2007年7-9月 (第3四半期)に104億ドルの損失を出し、資本不足に陥っている。

米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は07年12月 に同社の格付けを12段階引き下げ「CCC」とした。

先週は金融保証大手のアムバック・ファイナンシャル・グループの保証部 門の「AAA」格付けがフィッチ・レーティングスによって引き下げられ、金 融保証会社をめぐる懸念は高まっている。

ベアリング・アセット・マネジメントで運用に携わるトビー・ナングル氏 は「ACAのケースは重要な先例になる。銀行が取引相手の信用力低下に対し どのように反応するかが分かるからだ」と話した。

-- With reporting by John Glover in London. Editors: Emma Moody, Gavin Serkin

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +81-3-3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Mark Pittman in New York at +1-212-617-3767 or mpittman@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Emma Moody at +1-212-617-3504 or emoody@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE