SCE社長:PS3販売、欧州歳末商戦で約120万台-北米と並ぶ(3)

ソニー・コンピュータエンタテインメント (SCE)の平井一夫社長は22日放送のブルームバーグ・テレビのインタビュ ーで、昨年の欧州での歳末商戦でゲーム機「プレイステーション3(PS3)」 の販売が、最大市場である北米と同じ120万台程度に上ったことを明らかにし た。

SCEは、北米で昨年11月23日-12月末にPS3を120万台販売したと 発表済み。平井氏は欧州でも「同等くらいの数字がセルスルー(実売)できた かなと思っている」と述べた。インタビューは18日に収録した。

PS3は2006年11月の発売以来、販売低迷が続いていたが、欧米の年末 商戦では機能を限定した廉価版の投入やゲームソフト充実が奏功した可能性が ある。もっともソニーや日米調査会社の統計をみると、今期(2008年3月期) 販売目標1100万台(卸売りベース)を達成するには、1-3月で過去9カ月分 と同程度を売らなければならない計算だ。

平井氏は1100万台の目標について「数字が確実にいけるか、もう駄目なの かという結論が出るには至っていない」と語り、あくまで達成を目指す考えを 強調。来期については、対応ソフトの種類が「今年度よりは明らかに増える予 定」としながらも、PS3の販売目標などについては「検討段階」だとしてコ メントを避けた。

みずほインベスターズ証券の大澤充周アナリストは、PS3の販売価格が コスト割れであることからすれば「今期1100万台を達成できなかったとしても、 ソニー全体の収益にとって必ずしもマイナス要因にはなり得ない」と指摘して いる。

Wii品薄とは無関係

ソニーの今期の9月中間決算発表資料によると、上半期のPS3卸売り実 績は202万台。続く昨年10-12月を見ると、雑誌「ファミ通」の発行元である エンターブレインの統計では日本国内のPS3実売は46万3000台、米調査会 社NPDがまとめた実売は138万5000台。この結果、昨年10-12月の欧州分 を除いた同4-12月の販売台数は387万台になる。

ソニーの上半期統計は卸売り台数で、NPDなどは実売台数のため、単純 な合算はできないが、同4-12月の日米欧のPS3販売台数は、387万台に欧 州での歳末商戦分120万台強を加えた507万台に、欧州の10月分と、11月分の 残りを加算した数字となる。

PS3は韓国などでも販売されているのに加え、実売よりも卸売りが多い。 ただ、日米欧での販売が圧倒的なシェアを占めることや、昨年10-12月の北米 での実売138万台のうち120万台までが歳末商戦期に集中していたのが実情。 昨年4-12月の世界全体のPS3卸売り台数を550万台近辺とみれば、今期 1100万台を達成するには、1-3月の3カ月で過去9カ月と同数程度を売らな ければならないことになる。

一方、同じ方式で任天堂の「Wii」について、同10-12月の欧州分を除 いた同4-12月の販売台数を計算すると1122万台に達している。Wiiの今期 販売目標は1750万台。Wiiが販売好調で品薄だったことで欧米でのPS3の 販売が伸びたのではとの問いに対し、平井氏は「ユーザーはPS3ならではの ゲームをやってみようと考え購入したと考えている」と否定した。

現状で値下げは考えず

SCEはまた、PS3の従来型である容量20ギガバイト(GB、ギガは10 億)と60GBの2機種の国内出荷を月内に打ち切ると10日発表。今後は、昨年 11月に発売した機能限定型の40GB機種に販売を絞る方針だ。40GB機種は従 来型と違い、一世代前の「PS2」用ソフトは使えない。また、PS3対応の ソフトはPS2向けなどに比べるとまだまだ少ない。

この点に関し平井氏は「日本でも専用タイトルがかなりそろってきたので、 専用タイトルをPS3で楽しんでもらうことに主眼を置いて、今回こうした」 と説明。欧米でも今後は「日本と同じ状況になってくると思う」と語るととと もに、「今の段階ではPS2互換を搭載する予定はない」と語った。

また、平井氏はPS3の追加値下げについて「今のところ日米欧のどのテ リトリーでもさらなる価格の改定は考えていない」と言明。ゲーム事業の損益 に関しては「なるべく早い時期に事業全体を黒字化したい」と語った。

ソニーの今期上半期のゲーム事業赤字は1259億円。大根田伸行ソニー最高 財務責任者(CEO)は昨年10月の中間決算発表で「下半期にはブレークイー ブン(採算点)以上を確保したい」と語り、年間の赤字は上半期の水準程度に 抑える意向を示したうえで、来期には黒字化させる方針を強調していた。前期 は2323億円の赤字(前の期は87億円の黒字)だった。

また、大根田氏はその際、PS3の今期販売が1100万台の目標を下回る可 能性があるとしながらも「1000万台を割るような話ではない」と述べていた。

ソニーの株価は前日比300円(5.5%)安の5190円(午前1時33分現在)。

--共同取材 駅義則、Mike Firm  Editor:Kenzo Taniai, Yoshito Okubo

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京  吉川淳子 Junko Kikkawa +81-3-3201-7302 jkikkawa@bloomberg.net

鈴木 宏    Hiroshi Suzuki +81-3-3201-8352 hsuzuki5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

大久保 義人  Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net ソウル Young-Sam Cho +82-2-3702-1639 ycho2@bloomberg.net

Yoshinori Eki Kazuo Hirai Nobuyuki Oneda Mitsuhiro Osawa  

種類別ニュース

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE