官房副長官、為替市場介入の可能性「聞いてない」-円高是正で(2)

大野松茂官房副長官は22日午前、閣議後 の記者会見で、円高が進行していることを受けて、通貨当局による為替市場で の円売り介入の可能性について、「聞いていない」と述べた。その上で、「金 融資本市場の急激な変動が、マインドの悪化を通じて実体経済にマイナスの影 響を及ぼす可能性があるという判断もあり、これらの動きについてしっかり注 視してまいりたい」と語った。

大野氏は日本経済について「景気は一部に弱さがみられるが、輸出・生産 は堅調で、企業部門が底堅く推移しており、回復は持続していると認識してい る」と言明。「先行きは回復が続くものと期待している」と語った。

今後の政府の対応について、「わが国の経済の実体面では住宅建設など一 部に弱さがみられるが、大局的には景気回復が続いている。この景気回復を持 続させていくことがこうしたことへの対応にもなる」と指摘した。

その上で、「2007年に取りまとめた原油価格高騰対策などの政策パッケー ジを円滑に実施していくことが大事だ」と述べるとともに、「07年度補正予算 案の早期成立、08年度予算案、税制改正などの関連法案が07年度内に成立す ることも極めて大事だ。こうしたことに全力で対応していきたい」と語った。

22日の東京外国為替市場は対ドルで一時、1ドル=105円62銭(ブルー ムバーグ・データ参照、以下同じ)と約2年8カ月ぶりの高値を更新するなど 円高が一層進行した。

一方、午前9時23分時点の日経平均株価は前日比527円50銭(4%)安 の1万2798円44銭、TOPIXは同47.03ポイント(3.6%)安の1246.71。 日経平均、TOPIXともに昨年来安値を更新している。東証業種別指数は、 33指数がすべて下げている。

--共同取材:小宮弘子、河野敏  Editor: Hitoshi Sugimoto, Keiichi Yamamura

参考画面: 東京 廣川高史 Takashi Hirokawa +81-3-3201-8641 thirokawa@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Anthony Spaeth +85-2-2977-6620 aspaeth@bloomberg.net

NI JAPAN NI JNEWS NI TYO NI JPALL NI JGALL NI JEALL NI JNECO NI JGOV NINI GOV NI STK NI JCO NI POL NI ECO NI FIN NI MOF NI BOJ NI JBOJ NI CEN

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE