政府系ファンド:シティ、メリル投資条件は破格-バフェット氏も顔負け

米シティグループとメリルリンチの株主は、 50%超の株価下落に加え、利益希薄化の追い討ちを受けそうだ。海外の政府系 ファンドが、普通株に転換される優先株を購入しているからだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。