12月のコンビニ既存店売上高は3カ月連続減-07年は8年連続減(2)

日本フランチャイズチェーン(FC)協会が 21日発表した同協会に加盟するコンビニエンスストア会員11社(16チェーン) の2007年12月の既存店売上高は前年同月比1.1%減の6168億円で、3カ月連続 のマイナスとなった。弁当が不調だったほか、一部のチェーンではクリスマスケ ーキや年賀状など年末年始の商材が伸び悩んだ。

12月は下旬に悪天候だったこともあり、来店客数が5カ月ぶりに前年同月を 割り込んだ。客単価も5カ月連続でマイナスだった。関東など首都圏では好調だ が、一部の地方では基調の弱さがみられた。

同時に発表した2007年の既存店売上高は前年比1.0%減の6兆8134億円と なり、8年連続で前年を下回った。来店客数はほぼ前年並みだったが、客単価が 低迷した。

○主要コンビニチェーンの12月売上高(前年同月比%)
注)▲はマイナス:数値は速報ベース
                             既存店      既存店     既存店     全店
チェーン名                   売上高      来客数     客単価     売上高

セブン-イレブン・ジャパン     ▲1.5        0.2     ▲1.7       1.4
ローソン                      ▲1.0      ▲1.3       0.3       1.4
ファミリーマート                0.3        2.0     ▲1.7       4.1
サークルK・ジャパン          ▲1.6      ▲2.0       0.5     ▲0.1
サンクスアンドアソシエイツ    ▲2.5      ▲2.4     ▲0.2     ▲1.0
ミニストップ                  ▲0.1        0.7     ▲0.8       3.6
スリーエフ                    ▲2.3      ▲2.6       0.3     ▲0.1
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE