テマセクなど、中国に投資のPEファンドに計4.5億ドル投資-FT

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は 21日、シンガポール政府系投資会社テマセク・ホールディングスとカナダの2 年金基金が、中国への投資を目的に設立されたプライベートエクイティ(PE、 未公開株)投資ファンドに合わせて4億5000万ドル(約481億円)を投資し たと報じた。事情に詳しい当局者からの情報を基に伝えた。

それによると、テマセクとカナダ年金制度投資委員会(CPPIB)、オン タリオ州教職員年金基金は、テマセクのフランク・タン氏やテマセク出身者4 人が設立した投資ファンドのファウンテンベストに資金を投じた。上海と香港 に拠点を置く同ファンドは、中国への投資向けに新たに3億ドルを求めている。

これとは別に、米投資会社カーライル・グループとシンガポールおよび香 港の投資会社は人民元建てファンドの資金調達について検討しており、中国企 業と提携する可能性があると同紙は伝えている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE