12月ドイツPPI:前月比0.1%低下-原油下落で予想に反して低下

ドイツ連邦統計庁が21日発表した2007 年12月の生産者物価指数(PPI)は、原油など商品相場の下落を受けて、 予想に反して低下した。

前月比では0.1%低下。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミス ト22人の予想中央値では、前月比0.2%上昇が見込まれていた。11月は同

0.8%上昇だった。

北ドイツ州立銀行(ノルトLB)のエコノミスト、イエンス・クラマー氏 は「ドイツの生産者物価と卸売物価には強い相関性があり、12月の卸売物価は 一時的なエネルギーコストの伸び鈍化で前月比低下となっていた」と指摘した。 ただ昨年12月初めに下落していた原油相場は、1月3日には過去最高の1バ レル=100.09ドルまで上昇。食品価格も上昇し続けている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE