三洋電:携帯電話機事業の京セラへの売却合意、400億-500億円で(3)

経営再建中の三洋電機は21日、採算が悪化 している携帯電話機・PHS事業を京セラに売却することで最終合意したと発表 した。売却は会社分割方式で実施。金額は400億-500億円で、売却時の同事業 の資産内容を勘案し、4月1日付で売却を実施した後に最終的な額を決定する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。