アジア太平洋の債券保有リスク、上昇-米リセッション入り懸念続く

21日のクレジット・デフォルトスワップ (CDS)市場では、アジア太平洋地域の債券の保証料が上昇。保有リスクの高 まりを示唆した。ブッシュ米大統領は先週末に景気刺激策を発表したが、米経済 のリセッション(景気後退)入り懸念の後退にはつながらなかった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。