日本株は連日安値へ、世界株安連鎖続く-遠のくデカップリング(2)

東京株式相場は大幅続落し、連日で昨年来 安値を更新する見通し。中国の大手商業銀行が米サブプライム(信用力の低い 個人向け)住宅ローン関連投資に関する評価損を計上する必要があるとの懸念 から、世界的な景気減速、株安連鎖への警戒感が強まっている。銀行や証券な ど金融株のほか、世界景気に敏感な商社や機械、海運株なども下げそうだ。外 国為替市場では円高が一段と進行、自動車や電機など輸出関連株にも採算悪化 を懸念した売りが出やすく、前日に続きほぼ全面安となる公算もある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。