ECB総裁と元米財務長官:信頼感低下は世界経済をまひさせる恐れも

トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁とサ マーズ元米財務長官は1年前、投資家の自己満足感が強過ぎると指摘し、経済 の実態を正確に警告した。しかし現在は、信頼感の低下が世界経済をまひさせ る恐れがあるとみている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。