07年のコンビニ既存店売上高は1%減、8年連続減少-12月は1.1%減

日本フランチャイズチェーン(FC)協会が 21日発表した同協会に加盟するコンビニエンスストア会員11社(16チェーン) の2007年の既存店売上高は前年比1.0%減の6兆8134億円となり、8年連続で 前年を下回った。来店客数はほぼ前年並みだったが、客単価が低迷した。

同時に発表した07年12月の既存店売上高は前年同月比1.1%減の6168億円 で、3カ月連続のマイナスとなった。クリスマスケーキや年賀状など年末年始の 商材が伸び悩んだ。悪天候の影響もあり、来店客数も5カ月ぶりに前年同月を割 り込んだほか、客単価は5カ月連続でマイナスだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE