NY原油時間外:上昇-悪天候でメキシコからの原油供給停止との懸念

ニューヨーク原油先物相場は21日の時間外 取引で上昇している。悪天候のためメキシコの原油積み出し港が閉鎖されたこと を受け、米国の輸入が中断するとの懸念が強まった。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場2月限は、前週末比 で一時43セント(0.5%)高の1バレル当たり91ドルを付けた。シンガポール 時間午前8時10分(日本時間同9時10分)現在、1バレル当たり90.90ドル。 前年比では78%高となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE