ゴールドマン:サムライ債発行計画-5年固定・変動、1月にも決定

米大手証券のゴールドマン・サックス・ グループが円建て外債(サムライ債)の発行を準備している。1月中にも条件 決定する予定で、2006年12月の起債(1000億円)以来、約1年ぶりのサムラ イ債となる。発行体が財務省に提出した訂正発行登録書の記載で明らかになっ た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。