サブプライム禍でPEファンドはアジアに注目へ-KTBネットワーク

韓国のプライベートエクイティ(PE、未 公開株)投資会社、KTBネットワークのキム・ハンサプ最高経営責任者(C EO)は18日、米欧でサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題 への懸念が続くなかで、PEファンドは中国や韓国といったアジア諸国に目を 向ける可能性があると指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。