町村氏:米緊急対策、サブプライム増幅回避が狙い-米景気下振れ(4)

町村信孝官房長官は21日午前の記者会見 で、ブッシュ米大統領が発表した最大1500億ドル(約16兆円)規模の緊急景 気対策について、「詳しくよく承知していないのでコメントは差し控える」と しながらも、「今、景気の下振れが始まった米国で、サブプライム(信用力の 低い個人向け)住宅ローン問題の影響が、米国の金融機関を通じて増幅される 恐れがあるということに配慮した米政府なりの対応だと思う」と述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。