豪ドル:下落-来月の利上げ観測後退、PPI伸び率が予想下回る

21日の外国為替市場では、オーストラリ ア・ドルが米ドルに対し下落。同日発表された昨年10-12月(第4四半期) の豪州の生産者物価指数(PPI)がエコノミスト予想を下回る伸びとなり、 トレーダーの間でオーストラリア準備銀行(RBA)が来月利上げするとの観 測が後退した。

豪ドルは主要16通貨のうち12通貨に対し下落。2日後に発表される消 費者物価指数(CPI)の伸び率もアナリスト予想に達しないとの観測が強ま っている。インフレは「落ち着かないほど高い水準」にとどまる可能性が高い とのスティーブンスRBA総裁の18日の発言を受け、豪ドルは一時上昇して いた。

ICAPオーストラリアのシニアエコノミスト、マシュー・ジョンソン氏 (シドニー在勤)は「これが豪ドルの重しとなるだろう」と指摘。「PPIの 低い伸びを受けて、CPIが高い水準となるリスクが減少している。スティー ブンス総裁の発言後に強まった政策金利引き上げの見方は後退しつつある」と 説明した。

豪ドルはシドニー時間午後零時18分(日本時間午前10時18分)現在、 1豪ドル=0.8766米ドルに下落。PPIの発表直前は同0.8787米ドル、ニ ューヨーク時間18日遅くは同0.8792米ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE