中国10-12月GDP:減速の見込み-景気抑制策や米国の需要縮小で

24日に発表予定の中国の2007年10-12月 (第4四半期)の国内総生産(GDP)伸び率は、減速するだろうと見込まれて いる。米国の中国製品需要の縮小に加え、インフレ対策や景気抑制策の効果が表 れてきたためだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。