中国10-12月GDP:減速の見込み-景気抑制策や米国の需要縮小で

24日に発表予定の中国の2007年10-12月 (第4四半期)の国内総生産(GDP)伸び率は、減速するだろうと見込まれて いる。米国の中国製品需要の縮小に加え、インフレ対策や景気抑制策の効果が表 れてきたためだ。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト23人の予想中央値は、 前年同期比11.3%成長と、前四半期の11.5%を下回る見込み。中国国家統計局 は同統計を24日に発表する予定。

利上げや人民元の上昇加速、融資の抑制、物価凍結などは、ここ11年間で 最高水準となっているインフレ率の低下につながっていない。世界経済をけん引 している米経済のリセッション(景気後退)入りの恐れがあるなか、中国では突 然景気が減速するリスクが高まっている。

JPモルガン・チェースの中国担当主任エコノミスト(香港在勤)、フラン ク・ゴン氏は「世界経済と金融市場の先行きが一段と不透明になるなか、中国 政府が実体経済が軌道を逸脱しないよう懸命になっていることは明らかだ」と 分析した。

ブルームバーグ・ニュースがまとめた調査によれば、08年のGDP伸び率 は10.5%と、07年の11.5%から7年ぶりに鈍化する見込み。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE