町村官房長官:食料品価格上昇「個人消費への影響など注視」-会見で

町村信孝官房長官は18日午前、閣議後の記 者会見で、小麦やトウモロコシなどの高騰を受けた食料品価格の上昇をめぐる政 府の対応について「個人消費のマイナスが生じ得るということでもあり、こうし た動向をよく注視していきたい」と述べた。

ただ、「確かに一部食料品は上がっているがCPI(消費者物価指数)全体 がそんなに急激に上昇しているかというと決してそうではない」とも指摘し、全 体の消費者物価への影響は限定的との認識を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE