大田経財相:米経済の減速懸念は「強まる」-株安・円高の影響注視

大田弘子経済財政政策担当相は18日午前 の閣議後会見で、年末から年初にかけて公表された米国の経済指標を受けて、 米経済について「減速懸念が強まっている」との認識を示し、サブプライム(信 用力の低い個人向け)住宅ローン問題に伴う金融面の混乱が実体経済に及ぼす 影響を今後も注視していく考えを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。