NY外為(18日):週間ベースで円上昇、米刺激策が不十分との見方

ニューヨーク外国為替市場では週間 ベースで、円が対ドルで上昇。ブッシュ米大統領が提案した景気刺激策 がリセッション(景気後退)回避に十分でないとの観測が背景。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。