アムバック保険部門財務格付け、「AAA」から2段階下げ-フィッチ

米格付け会社フィッチ・レーティングスは 18日、金融保証大手アムバック・ファイナンシャル・グループの保険部門であ るアムバック・アシュアランスの保険会社財務格付け(IFS格付け)を 「AA」とし、最高格付けの「AAA」から2段階引き下げたと発表した。さ らに引き下げる可能性があるとの見方も示した。

フィッチは格下げについて「フランチャイズとビジネスモデル、戦略的な 方向性に関する強い不透明感を反映したもの」と説明した。

アムバック株は前日比4セント安の6.20ドルで終えた。同社はこの日、株 価が過去2日間で70%下落したことを受け、10億ドルの増資を取りやめると発 表していた。

ムーディーズ・インベスターズ・サービスとスタンダード・アンド・プア ーズ(S&P)も格下げ方向で見直している。

調査会社クレジットサイツのアナリスト、ロブ・ヘインズ氏は、アムバッ クが「AAA」の格付けなしでは社債を最高位で保証できなくなる、あるいは 保証事業の停止を余儀なくされる、もしくは身売りを迫られる可能性があると 指摘した。

ドイツ銀行のクレジットストラテジスト、ジョン・ティアニー氏は「ほか の格付け会社が追って格下げする可能性は非常に高い。新規資本に関して重大 な進展がない限り、S&PとムーディーズがMBIAとアムバックの格付けを 引き下げるのは時間の問題だ」と指摘した。

「AAA」の格付けを取得する金融保証会社7社は総額2兆4000億ドルの 債券を保証している。ブルームバーグのデータによると、金融保証会社が最高 格付けを失った場合、債務者や投資家に最大2000億ドルの損失をもたらす可能 性がある。金融保証業界は全体で1000億ドルのサブプライム(信用力の低い個 人向け)住宅ローン証券関連債務担保証券(CDO)を保証。プライム以外の 自動車ローンを220億ドル、地方債1兆2000億ドルも保証している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE