ロジャーズ氏の08年金見通し:当面は下落、後に反発しさらに高値へ

米投資家のジム・ロジャーズ氏は18日、 今年の金相場について、しばらくの間下落するが、その後再び上昇し、現在の 水準よりもさらに高値で一年を終えるだろうとの見方を示した。

ロジャーズ氏はブルームバーグのテレビ取材に応じ、金は「これまで非常 に強気相場で推移していることから」下落に向かうと述べ、「相場が下落すれ ば私はさらに金に買いを入れるだろう」と続けた。

金現物は今月14日にオンス当たり914.30ドルと、最高値を記録。少なく とも第2次世界大戦以降では最長期間の上昇相場を記録している。原油高がイ ンフレを加速させたほか、信用市場の混乱で投資家が質への逃避を求めたのが 背景だ。金相場は2007年に31%上昇し、年間ベースでは7年連続での上昇を 記録した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE