米国株(18日):続落、金融株に売り-S&Pは週足で5年ぶり大幅安

米株式相場は4日続落。ブッシュ政権が 1500億ドルの財政刺激策を発表したものの、リセッション(景気後退)入り を回避することはできないとの見方から売りが続いた。S&P500種株価指数 は週間ベースで5年ぶりの大幅な下げとなった。

アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)やバンク・オブ・ アメリカ(BOA)、ワコビアを中心に金融株が売られ、S&P500種の金融 株指数は2003年9月以来の水準に下落した。米携帯電話サービス3位のスプ リント・ネクステルは25年余りで最大の値下がり。加入者の減少規模がアナ リスト予想を上回った。

S&P500種株価指数は前日比8.06ポイント(0.6%)下げて1325.19。 年初からの下落率は9.8%と、年明けとしては過去最悪の滑り出し。ダウ工業 株30種平均は同59.91ドル(0.5%)安の12099.30ドルで終えた。ナスダ ック総合指数は同6.88ポイント(0.3%)下落の2340.02ポイント。ニュー ヨーク証券取引所(NYSE)の騰落比率は2対3。

フィデュシアリー・トラスト(ボストン)のマイケル・マレーニー氏は 「株式市場全体で不安な心理が続いており、刺激策を実施してもリセッション を回避するには不十分かもしれない。問題の1つは市場が予想したほど規模が 大きくなかったことだ」と指摘した。

ブッシュ大統領が国内総生産(GDP)の1%に相当する1500億ドルの 刺激策を発表すると、主な株式指数は朝高から下げに転じた。同景気対策には 企業の税優遇措置や「米国民に対する直接、かつ早急な所得税軽減措置」(大 統領)が含まれている。

週間ベースの下げ

S&P500種は今週、5.4%安と、週間ベースとしては2002年7月以降 で最大。ダウ平均は4%安、ナスダックは4.1%下落した。

ゼネラル・エレクトリック(GE)とIBMが米国外の成長により、米景 気減速の悪影響を克服するとの見解を示したため、朝方は買いが先行した。

S&P500種の金融株指数は前日比1.8%下落。年初からは18%下げた。 2007年は21%安。

スプリント・ネクステルは25%安。約4000人の人員削減を明らかにした。 2007年10-12月(第4四半期)の解約件数は約68万3000件。2007年通 年では120万件となった。

弱気相場入りに接近

主な株価指数はピークから20%安のいわゆる弱気相場入りに近づいている。 S&P500種とダウ平均は昨年10月9日の最高値から15%下落。ナスダック は10月31日に付けた直近高値から18%安。中型株で構成するラッセル 2000指数は昨年7月13日の高値から21%下落している。香港やアイスラン ドの主な株価指数はすでに弱気相場入りしている。

BOAは金融保険株の投資判断を引き下げた。経済成長の失速と損失拡大 の可能性が理由。BOAはMBIAやアムバック・ファイナンシャル・グルー プ、セキュリティー・キャピタル・アシュアランスの判断を「買い」から「中 立」へ引き下げた。

BOAのアナリストは18日付のリポートで「金融保証会社は最悪な状態 にある。損失が最悪のシナリオになる可能性はわずか6カ月前は小さかったが、 今はその確率は高い」と指摘した。

アムバックの格下げ

米格付け会社フィッチ・レーティングスは18日、金融保証大手アムバッ ク・ファイナンシャル・グループの保険部門であるアムバック・アシュアラン スの保険会社財務格付け(IFS格付け)を「AA」とし、最高格付けの「A AA」から2段階引き下げたと発表。さらに引き下げる可能性があるとの見方 も示した。アムバックは18日、株価が過去2日間で70%下落したことを受け、 10億ドルの増資を取りやめると発表していた。株価は4セント安の6.20ドル で終了。

MBIAは7.3%安。セキュリティー・キャピタルやXLキャピタル・ア シュアランスも安い。

ファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)も下落。モルガン・スタンレーが債券 市場の損失拡大リスクを理由に投資判断を引き下げたことが売りを誘った。

GEとIBMの上昇

GEは上昇。継続事業ベースの利益は68億2000万ドル(1株当たり68 セント)と前年同期から増加。アナリストの1株当たり利益予想と一致した。 ジェットエンジンや発電用タービンの海外販売が好調だった。

IBMも高い。2008年通期利益が最大で1株当たり8.3ドルとの見通し を示した。アナリスト予想は7.90ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE